本文へスキップ

ウーパールーパー 飼い方(水槽や餌など)、飼育方法、成長日記など

電話でのお問い合わせはTEL.090-4190-5555

〒426-0002 静岡県藤枝市横内564-1

ウーパールーパーの飼育方法company

ウーパールーパー飼育方法

●ウーパールーパーの飼育方法
●ウーパールーパーの飼育に用意するもの
●ウーパールーパーの飼育に不用なもの
●ウーパールーパーの餌
●ウーパールーパーの成長日記
●ウーパールーパーの繁殖方法
●ウーパールーパーのケガ・病気
ウーパールーパーとは?
ウーパールーパーはメキシコ原産の両生類でサンショウウオの仲間です。このウーパールーパーの名は日本に持ち込まれたときにつけられました。アホロートルという別名もありますが、日本での正式名称はメキシコサラマンダーです。
メキシコでは乱獲と水質汚染のため希少種となってしまい、ワシントン条約によって輸出が禁じられています。現在、日本国内で流通しているものは繁殖させた種です。寿命は5年以上と長いです。
ウーパールーパーの飼育方法(飼い方)
ウーパールーパーの飼い方:水はカルキ抜きなどを使用せずに、1〜2日汲み置きした水を使用してください。換水の場合も同様の水を使用してください。この時に水温の急激な変化が起きない様に、飼育容器と同じ場所に、汲み置きした水を置いておくと大変便利です。
水質についてあまり気を使う必要はありませんが、汚れた水は外鰓や皮膚に水カビを発生させる原因にもなりますので、週1回程少量の換水をお勧めしています。
※換水は、ろ過能力、多頭飼育、飼育容器のサイズにより変わります)。
   
エアーレーションだけで十分ですが、ろ過器を使用する換水の手間が少なくなります。
清潔且つ涼しい水でエアーレーションをしてあげてください。
   
水質はpH中性〜弱酸が基本ですが、神経質に気することはありません。
   
水温は15〜20度が最適ですが、1年を通し7〜23度を目標に飼育してください。ウーパールーパーは、高温に弱く、寒さには強い性質があります。水温が25度以下になるように心がけてください。
水温28度以上では危険水域です。夏場の水温上昇には特に注意が必要です。
地域や飼育環境により、冷却クーラーが必要となる場合があります。費用をかけないよう、保冷剤などの冷凍で対応できる場合もあります。
   
エサは、小魚、メダカやヌマエビなどの生餌が水を汚れにくくて手間はかかりませんが、費用面や寄生虫の心配があります。
ウーパー専用の固形飼料でなくても、両生類の固形飼料も問題なく食べます。また、キャット(ナマズ)、コリドラスの沈下性の固形飼料も食べます。
必要以上に与えますと、食べかすで水を汚しますので、ピンセット、タモなどで取り除いてください。

    
ウーパールーパー同士の多頭飼育はほぼ問題ありませんが、皮膚が柔らかい上に、外鰓もエサの標的になりますので、限度はあります。また、ディスプレイには鋭利なものを使用しないで下さい。
    
水そうなどの飼育容器に、砂や細かい砂利などを敷く場合は、ウーパールーパーがエサと一緒に誤飲することを考慮して、粒の小さな物を使用してください。何も敷かない場合は、底床が不衛生にならないように注意してください。

最後に・・・。
ウーパールーパーは見た目よりも丈夫なので飼育は簡単です。水温の維持管理が大切です。
費用のかかる設備を必要とせず、エサ代も安価なのが魅力のひとつです。
飼育の一番の秘訣は愛情を持って飼育することだと思います、そうすれば、個体の小さな変化にも気がつき、また、飼育環境にも目が行き届くと思います。
 
全体的なこと
ウーパールーパーの飼育は簡単です。金魚を飼育したことがある方は多いと思います、金魚よりも必要器具が少なくてすみます。
○基本的に飼育に必要なもの
飼育容器(水槽、たらい、収納ケース)は、何でも構いません。


この3つのみで飼育することが可能です。
最終的には23cmぐらいになりますので、それよりも大きな容器が必要になります。最大で25〜30cmになります。繁殖は18cm以上で可能です、もう少し小さいサイズで繁殖に成功した方もいらっしゃいます。繁殖につきましては、再度詳しく記載します。
水は、カルキ抜きを使用せずに、1日汲み置きした水をお勧めしております。カルキ抜きは調整が必要で量を間違えるとよくありません。1日汲み置きした水を使用する理由は、塩素を抜くためと、水温を整えるためです。ご自宅の水道設備が、水道水を使用している方、井戸水を使用している方もいます。
餌は、小さければブラインシュリンプ、2cm以上は冷凍赤虫、8cm以上で固形餌をお勧めしております。ウーパールーパー専用の冷凍赤虫はありませんので、冷凍赤虫であれば何でも構いません、固形の餌は、ウーパールーパー専用の餌もあります。どのペットショップ、ホームセンターでも揃っていませんので、ナマズの餌をお勧めしています。こちらでは沈殿性のナマズの餌などを与えています。

飼育容器についていの質問が多くありますので、例を書きます。
Q:ウーパールーパーを1つの飼育容器で複数飼育することは可能でしょうか?
A:飼育容器にもよりますが、複数飼育が可能です。ウーパールーパーの共食いについて記載されているサイトが多いですが、共食い、噛みつきは餌が不足しているときにおきます。
餌が不足してないようにすることが一番大事です。
ウーパールーパーの口の中を見てみるとわかりますが、きちんとした歯が生えていません。その口で噛みつかれても多くの場合が問題ありません。
しかし、何度か噛まれたり、餌が不足で、長時間噛みつかれたり、サイズの大きなウーパールーパーに噛まれた場合は、かけたり、死んでしまったりします。
かけた箇所からカビが生えて病気になることもあります。
噛みつかれて出血している場合は、別容器に塩を0.25〜0.50%ぐらい入れて、単独で飼育することをお勧めします。理由は不明ですが、噛まれて出血したウーパールーパーは、再度、噛まれることが多くあります。そのため、1箇所だけだった傷が、数日後には数度噛まれて、他の箇所も噛まれて死んでしまうことがあります。気が付きましたら、単独で飼育してください。

Q:ウーパールーパーの飼育容器は何でもよいでしょうか?
A:飼育容器はなんでもかまいません。重要なのは飼育に適切なスペース、購入費用、そして、一番重要なのが管理が簡単なことです。
毎日、水を換えるわけではありません、毎日、餌を与えるわけでもありません。しかし、水が汚れていても換えなかったり、餌を適切に与えていなかったりしますと、病気になり、死んでしまいます。管理が簡単であれば、水を換えること、餌を与えることが苦にならなくなります。

餌についての質問が多くあります。例を出します。
○夏場に飼育に必要なもの
ファン、もしくは水槽用クーラー
水温(100円ショップ)
地域によりこの2つが必要だと思います。
夏場は、地域により、住居環境により、室内、飼育している水温が違います。毎年、ウーパールーパーは体性ができ、2015年現在、飼育水温が26度ぐらいまでは大丈夫になりました。数年経過すれば、27〜30度など日本の気候で、設備不要で飼育することができると思います。
ウーパールーパーが日本で飼育され始めたのは、30年ぐらい前だと思います。当初は、飼育水温は20度まででした。今現在ウーパールーパーを研究用などで輸入した場合、体性は同じく20度、21度ぐらいかと思います。ワシントン条約で輸入、輸出は大変難しいですが、大学の研究所などでしたら、アメリカ、ヨーロッパの研究所から輸入したお話を聞いたことがあります。
ウーパールーパーの飼育容器、水槽についていの質問が多くありますので、実例を書きます。

Q:ウーパールーパーの水換えは?
水換えは、カルキ抜きを使用せずに、水槽近くで1日汲み置きした水で、全換えをお勧めします。ウーパールーパーは大食漢なため、水を汚しやすい傾向にあります。水質悪化が水カビ、腹水症やプカプカ病を招きます。水槽近くで1日汲み置きした水でしたら、水温に差がないため安全です。

Q:ウーパールーパーの飼育容器、水槽は何でもよいでしょうか?
A:飼育容器はなんでもかまいません。重要なのは飼育に適切なスペース、購入費用、そして、一番重要なのが管理(水変え、餌やり)が簡単なことです。
毎日、水槽の水を換えるわけではありません、年中毎日、餌を与えるわけでもありません。しかし、水が汚れていても換えなかったり、餌を適切に与えていなかったりしますと、ウーパールーパーは病気になり、死んでしまいます。管理が簡単であれば、水を換えること、餌を与えることが苦にならなくなります。

ウーパールーパーの餌についての質問が多くあります。例を出します。
○夏場に飼育に必要なもの
 ファン、もしくは水槽用クーラー
 水温計(100円ショップなどでも販売)
地域によりこの上2つが必要だと思います。
夏場は、地域により、住居環境、飼い方により、室内、飼育している水槽内の水温が違います。毎年、ウーパールーパーは水温の耐性ができ、2018年現在、飼育水温が27度ぐらいまでは大丈夫になりました。数年経過すれば、27〜30度など日本の気候で、設備不要で飼育することができると思います。あまり高いと病気になり、寿命がつきてしまいます。
ウーパールーパーが日本で飼育され始めたのは、30年ぐらい前だと思います。当初は、飼育水温は20度まででした。今現在ウーパールーパーを研究用などで輸入した場合、耐性は同じく20度、21度ぐらいかと思います。ワシントン条約で輸入、輸出は大変難しいですが、大学の研究所などでしたら、アメリカ、ヨーロッパの研究所から輸入したお話を何件か聞いたことがあります。(研究用のウーパールーパーは、一般には販売されていません)

Q:ウーパールーパーにろ過器、エアーレーションは必要なのか?
ウーパールーパーがまだ小さいとき、10cm以下の時は、ろ過器、エアーレーションの使用はお勧めできません。ウーパールーパーの体調が悪くなる原因の多くがこのろ過器とエアー レーションから発生する水流と振動です。水質悪化を防ぐためにろ過器とエアーレーションが必要に思えますが、ウーパールーパーは水流と振動によるストレスで体調を崩す場合が多いです。こちらへのお問合わせの多くがストレスによる、ウーパールーパーの体調不良です。飼育環境を聞いてみますと、ろ過器とエアーレーションのダブル使用の方が多くいらっしゃいます。もともとウーパールーパーは水流のほとんどない湖に生息していたため、水流に適した体系にはなっていない事が原因の1つだと思います。水面に頻繁に浮いて来たり、落ち着きがなかったり、餌を食べなかったりしましたら一度飼育環境を見直してみてください。
ろ過器とエアーレーションをストップさせるのも1つの方法です 。ご質問者様からこれでウーパールーパーの体調がよくなったご報告ばかりをいただきます。

Q:ウーパールーパーを1つの飼育容器、水槽内で複数飼育することは可能でしょうか?
A:飼育容器にもよりますが、複数飼育が可能です。ウーパールーパーの共食いについて記載されているサイトが多いですが、共食い、噛みつきは餌が不足しているときにおきます。成体、大人になるにつれて少なくなります。
餌が不足してないようにすることが一番大事です。
ウーパールーパーの口の中を見てみるとわかりますが、きちんとした歯が生えていません。その口で噛みつかれても多くの場合が問題ありません。
しかし、何度か噛まれたり、餌が不足で、長時間噛みつかれたり、噛まれた場所が良くない場合は、死んでしまったりします。(寿命を全うできません)
かけた箇所から水カビが生えて病気になることもあります。
噛みつかれて出血している場合は、別容器に塩を0.25〜0.50%ぐらい入れて、単独で飼育することをお勧めします。理由は不明ですが、噛まれて出血したウーパールーパー個体は、再度、他のウーパールーパー達から噛まれることが多くあります。そのため、1箇所だけだった傷が、数日後には数度噛まれて、他の箇所も噛まれて死んでしまうことがあります。気が付きましたら、そのウーパールーパーだけを単独で飼育してください。

Q:ウーパールーパーの夏冬対策はどうすればよいでしょうか?
ウーパールーパーは、もともとメキシコの標高の高い湖に生息していたため、低温には強いですが、高温には弱いです。また、直射日光にも弱く、冬でも直射日光で体調を崩す時があります。1年を通して、直射日光の当たらない日陰での飼育をお勧めします。冬はヒータやサーモスタットで温度を管理しなくても大丈夫です。室内であれば暖かく、氷が張ることは少ないと思います。(氷が張っても生きていますが、水中に顔を出せないため、酸欠になる恐れがあります)
問題は夏場です。暑さ対策は、今までいろいろな方から教えていただ きました。空調で調節。ペットボトルの氷を毎日入れる。水槽用クーラーを設置する。冷蔵庫の野菜室で飼育する。ワインセラーで飼育する。水槽用冷却ファンを取り付ける。扇風機をあてる。水換えを1日複数回行う。などなどです。こちらではエアコンのクーラーで水温を夏場23度に下げています。
お勧めの方法はクリップ式の扇風機で水面に送風する方法です。量販店やインターネットで販売されています。気化熱で3度ぐらいは下がります。水槽や水槽近くに設置(水面に落ちないように、漏電などの危険がないように)し、タイマーで管理すれば手間が省けます。例えば水温が通常29度まで上昇する日でしたら、扇風機で26度ぐらい(ギリギリ飼育できる水温)まで下げることが可能です。湿度が100%でしたら水が蒸発せ ず水温は下がりませんが、湿度が低ければ5度まで下げられるようです。水が蒸発するときに熱を奪う作用で水温を下げます。水は蒸発するため水位が徐々に低くなりますので、足し水が必要不可欠です。

information

ウーパールーパーNET

〒426-0002
静岡県藤枝市横内564-1
TEL.090-4190-5555
TEL.054-668-9090
FAX.054-644-3036