2日連続の雨

天気予報では雨が降らない予報だったが2日連続で雨が降った。水がだいぶ不足していたので、とてもラッキー。

来週から寒くないので、産卵時期が来る気がする。

昨年はこの時期で8匹、その前の年は22匹産卵していたが今年はまだ準備が整わないのでゼロ。

オオグソクムシ

ウーパールーパーとは関係ありませんが、オオグソクムシを入荷しました。オオグソクムシは、深海に住む甲殻類になります。飼育はとても簡単で、人工海水とエアレーションできます。エサもほぼ不要で、数ヶ月与えません、その影響で排せつなどが無いため、海水は汚れずろ過機も不要です。

ダイオウグソクムシとオオグソクムシ

ダイオウグソクムシが水族館で有名になった影響でオオグソクムシも注目されるようになりました。有名になった理由は、絶食期間が長いことです。ダイオウグソクムシは、5年以上絶食でも消化器官内は空ではなかったそうです。どうから?栄養を???ダイオウグソクムシは捕獲が難しく、管理も難しいです。その点オオグソクムシは簡単です。(水温に注意が必要で適温は18度以下です)

 

新子

ようやく新子がご用意できるようになりました。お問合せも多かったので、例年通りの時期にご用意でき一安心です。

小さい個体は、水温に差が出ます。24度でも大丈夫な個体もいれば、20度で死んでしまう個体もいます。大きさもバラバラで、大きければふ化時15mm、小さければその半分の8mmぐらいです。小さい個体は弱く、20mm前後になるまでにより丁寧な飼育が必要です。ふ化時のサイズの違いは、親個体のサイズ、産卵経験、時期などに影響されます。1年目の個体は特に卵の核が小さく、ふ化する個体も小さいです。

 

久々の雨

本日はとても暖かく89年?ぶりの気温です。その影響なのか各地で雷雨がありました、ここ静岡県中部も2度竜巻警報が出たぐらい珍しい天候でした。

久しぶりの雨も降りよかったです。ここ2ヶ月まともに雨が降っていない影響で水が少し不足していました。

ウーパールーパーの2~3cm販売開始

本日リューシー、アルビノ、ブラックの3種類 2~3cm販売開始しました。

ゴールデン、マーブルも数日で販売開始となります。1,2週間経てば今度は一番人気の3~5cmが販売開始となります。今期は各サイズを年中販売できるように努力したいと思います。

よろしくお願いいたします。

ウーパールーパー 幼生

ウーパールーパーの卵がふ化し2週間、幼生が2cmを越えたので、新子をサイトに掲載しようと思います。

リューシーとブラックが現在います。

だいぶ寒くなりました

朝晩だけでなく、日中も寒くなってきました。北海道や東北地方ではウーパールーパーがよく産卵しているようです。全国的に寒くなってきているので、そろそろ本格的に産卵シーズンに突入すると思います。

地元の高校は先週、今秋から修学旅行です。通常、3泊4日、4泊5日ぐらいで沖縄やハワイなどの修学旅行が多いですが、次男の高校は14泊15日と長期間で、当然、費用も高いです・・・。不在でいつもよりも家庭内は静かです。

海洋深層水

隣町の焼津市にある”深層水ミュージアム”で、熱帯魚用の海水をくみ上げてきました。海洋深層水 200Lで100円です。料理や健康のための飲料用もあります。

深層水ミュージアムとは、(抜粋)

この施設は、日本一深い駿河湾からもたらされる深層水の取水地である焼津市として、小中学生や一般の皆さんに、駿河湾深層水に関する知識や情報を普及、啓発、発信することによって、焼津市をPRするとともに、「漁港と都市の共生・対流」を図ることを目的としています。

開館日

火曜日~日曜日、祝日

休館日

月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)
年末年始(12月29日~1月3日)

開館時間

午前9時~午後5時

入館料

無料

カクレクマノミを飼育

沖縄産のカクレクマノミの飼育を始めました。海水魚は初めてです。深海生物のオオグソクムシでしたら多数扱っていたことがあります。オオグソクムシは、エサは与えず、エアーだけでよいので飼育がとても楽でした。カクレクマノミは、そのような飼育方法ではないので、手間がかかります。カクレクマノミは、今現在到着した個体が2匹、明日9匹、明後日3匹以上(沖縄宮古島産)が届きます。飼育が楽しみです。

ウーパールーパーの卵

ウーパールーパーの産卵の季節になりました。11月頃から早い地域では産卵する季節です。産卵は11~6月初旬ごろまで続き、大抵の地域には5月中旬までで終了します。11月の産卵開始や6月の産卵最終では、産卵に不完全な場合も多く無精卵なども多いです。