ウーパールーパー 飼育環境1

ウーパールーパーの飼育方法について

先ほどは底床、砂利やソイルのことについて書いたため、それ以外のことを記載します。
飼育水について
ウーパールーパーは一生を水中ですごすため、水はとても重要になります。飼育水はカルキ抜きや添付剤などを使用せずに、半~2日汲み置きした水道水、井戸水を使用してください。水質が汚れてきて、水槽内の水換えを行う場合も同様に汲み置きした水を使用してください。水換えの時に飼育水の水温が急激な変化が起きない様に、飼育容器と汲み置きした水を同じ場所で管理すると水交換の手間が省けます。

ウーパールーパーは見た目よりも比較的丈夫なため、水質(硬度、ph)についてあまり気を使う必要はありませんが、汚れた水は外鰓や皮膚に水カビを発生させる原因にもなりますので、2~7日に1回程、水全部の水換えをお勧めしています。また、この時に水槽などの飼育容器内をスポンジなどで簡単に洗浄すると効果的です。
※水換えは一部だけでなく全換えの方が健康的に育ちます
※ろ過機のろ過能力、多頭飼育、飼育容器のサイズにより変わります

飼育する水温について
ウーパールーパーはもともとメキシコの標高の高い湖(水路のような湖)で生息していたため、夏場の高水温には弱く、低水温には強いです。飼育する水温は12~20度が最適ですが、1年を通し7~26度を目標に飼育してください。高温に弱く、寒さには強い体質がありるため、飼育する水温が27度以下の飼育を心がけてください。水温28度以上では危険水域です。夏場の水温上昇を抑えるために冷却ファン、水槽用クーラーが必要になる場合もあります。費用をかけないよう、小型扇風機、発泡スチロール、冷凍させたペットボトルで対応できる場合も多々あります。

ウーパールーパーの餌について
餌は、ウーパールーパーのサイズにより変わってきます。小さい2,3cm以下はブラインシュリンプを与えます。徐々に大きくなり3cmを越えたぐらいから刻んだ冷凍赤虫を与えます。この時にブラインシュリンプ+冷凍赤虫で併用して与えたほうが餌の切り替えが簡単になります。冷凍赤虫に慣れてくると今度は7cm前後まで冷凍赤虫のみで育てます。7cm以上からは冷凍赤虫+固形餌で最終的には固形餌のみに切り替えます。この切り替えが少し大変で冷凍赤虫を好んで食べるため、なかなか固形餌を食べてくれません。冷凍赤虫と併用して根気強く与えてください。固形餌はウーパールーパー専用のものでなくて構いません。特に食いつきが良いのが、「おとひめ」と「ひかりキャット」です。「おとひめ」は粒のサイズ、浮遊性、沈下性など種類が豊富にあります。この「おとひめ」は熱帯魚の餌ではなく、養殖真鯛などの餌になりますので、ホームセンターでは販売されていないと思います。ネット通販やお近くのペットショップで小分け売りになっているものをお買い求めください。ウーパールーパーの餌は必ず沈下性のものを使用して下す。浮遊性では食べることができません。おとひめの粒の大きさはウーパールーパーのサイズに合わせてください。サイズ8~10cm前後ならEP2、EP3、サイズ10~15cm前後ならEP4、サイズ15cm以上でしたらEP5をお勧めします。「ひかりキャット」にも粒の違いがあり、ビック、クレスト、ミニの3サイズになります。コリドラスの沈下性の固形飼料も食べます。どの固形餌もウーパールーパーのサイズに合わせてお選びください。
こちらでも沈下性の「おとひめ」EP2を販売しています。ウーパールーパーやマリモと同梱可能です。
(小魚、メダカやヌマエビなどの生餌が水を汚れにくくて手間はかかりませんが、費用面や寄生虫の心配があります)
餌はウーパールーパーの必要以上に与えますと、食べかすで水を汚しますので、ピンセット、タモなどで取り除いてください。

ウーパールーパーの多頭、複数飼育について
ウーパールーパーの多頭飼育は、水槽などの飼育容器にきちんとしたスペースがあればほとんどの場合問題ありませんが、皮膚が柔らかい上に、外鰓も餌の標的になりますので、適度なスペースは必要です。また、餌の量を程度に調整してください。

ディスプレイ、飾り
飼育容器内で鋭利なもを設置すると皮膚が柔らかいウーパールーパーがケガをすることがあります。上部にライトを設置する場合はストレスにならないものをお勧めします。マリモをウーパールーパーと一緒に水槽に入れている方もいます。マリモはこちらでも通販しており同梱可能です。

全体的なこと
ウーパールーパーの飼育は簡単です。金魚を飼育したことがある方は多いと思います、金魚よりも必要器具が少なくてすみます。

ウーパールーパーの飼育環境(底砂、ソイルは?)

撮影用に個体を見やすくするために砂利を敷いてありますが、本来は敷かない方が良いと考えています。ウーパールーパーは餌を食べる場合に大きな口を開けて大量の水とともに餌を吸い込むので、その時に底砂も一緒に誤飲もしますし、飼育環境を管理する、掃除する上でもない方が手軽です。

入れるのでしたら飲み込みできない小石や大きな砂利、もしくはその逆に飲み込みしてもすぐに吐き出したり、排泄できる砂(細かいサンゴ砂やガーネットなど)をお勧めします。

一番使用を控えた方がよいのがソイルです。ソイルは軽くて、飲み込みしやすく、粒が砂よりも大きいため、ウーパールーパーのサイズによっては大変排出されにくいです。餌と間違えて飲み込んでしまい、出てこないといったブリーダーさんの話を時々聞きます。https://www.dog7.net/

ソイルとは何か。

ソイルとは砂利や砂とは違い、人工的に作成されたものです。主に黒色土を原料とし、熱や圧力をかけて特殊な製法で製造されたアクアリウム用の底砂です。黒色土に豊富に含まれる栄養素が水草の生長に効果を発揮するだけでなく、土そのものに含まれている栄養素が健康的な水草の生長を助けます。その他に、水のpH(ペーハー)や水の硬度を低下させる効果も期待できます。

ウーパールーパーのリューシー系のミューテーション

こちらの画像個体はリューシーのミューテーションになります。リューシーは「黒目の黒目」と「黒目の金環」がいますが、何となくミューテーションは黒目の金環が多いと思います。

このような白い肌に黒色のまだら柄は成長して大きくなるにつれて薄くなったり、消えたりすることもあるようです。ウーパールーパーの全身に黒いまだら模様が出ていたり、左右どちらか片側だけ、腹部のみ、尾のみなどいろいろあります。リューシーのミューテーションの種類はあまり多くありません。同じくアルビノ系のミューテーションも少なく、逆にマーブル系のミューテーションが多いです。人気があるのが、ゴールデン系、マーブル系、ブラック系のミューテーションです。

今後いろいろなミューテーションについて掲載、説明していきたいと思います。https://www.dog7.net/

今日から8月に入り、気温が一層高くなった気がします。ウーパールーパーにとって水温上昇は体調不良を招きます。水温は26℃以下、27℃で危険な水温帯になり、28℃以上でしたら、皮膚などに異常が発生する場合もありますので注意が必要です。初めて夏を経験なさる飼育者さんは苦労をすると思います。

高水温へは年々耐性ができていますので、今後は28、29℃で飼育できるような日が来るはずです。

ウーパールーパーのショートボディ(リューシーのショート)

こちらの画像の個体はウーパールーパーリューシーのショートボディです。ショートはショートテール(体の長さは普通で尾だけが短い個体)がの方が多く、こちらでは500匹に1匹ぐらいいます。ショートボディ(画像のような個体、尾は普通で体の長さが短い個体)は、1500~4000匹に1匹ぐらいの割合です。ショートボディ+ショートテールのとても短い個体はもっと少ないです。ショートにも長さがあり、短い個体はとても短いです。その短い体長とは対照的に手足の長さは普通なので、ウーパールーパーではないように見えます。

こちらはミューテーションとは違い、固定化できる可能性は高いと思います。こちらでは行ってはいませんが、ショート同士を掛け合わせていけば、どんどん短くなると思います。https://www.dog7.net/

ショートの多くの場合が奇形のため、尾や背が曲がっている個体が多いように感じます。そのため、こちらでは掛け合わせは熱心に行っていません。尾や背が曲がっていると、成長するにしたがって曲がりが大きくなり、飼育するのが大変です。個別に飼育するわけにもいかず、普通の個体と一緒に飼育しています。

奇形といえども、はじいてしまうかわいそうなことにはしていません。販売したり、最後まで飼育したりしています。


ウーパールーパーのゴールデン系ミューテーション

ウーパールーパーのゴールデン系ミューテーション

ウーパールーパーのミューテーションです。こちらでは数が少なく2000~3000匹に1匹ぐらいの割合です。多いブリーダさんは1000匹に1匹以上です。

固定化に数年かけてチャレンジしているブリーダーさんもいますが、固定化は難しいと思います。ミューテーション×ミューテーションからは、ミューテーションが生まれてくることはほとんどありません。一般的な個体、特にマーブルが多く生まれてくる傾向にあると思います。この生まれてきたマーブル(何でも良い)オスとマーブル(何でも良い)メスを掛け合わせると隔世遺伝でミューテーションが生まれてくることがあります。なぜ?マーブル×マーブルと記載したのかは、マーブル×マーブルからは、例外もありますが4色、5色の幼生が出現するからです。繁殖させる手間を考えると色はたくさん出てきた方が楽しいと思います。https://www.dog7.net/

ミューテーション×ミューテーション → 産まれてきた子供同士の掛け合わせ(マーブル×マーブル) → ミューテーションの確率が上がります。血を濃くすると確率がさらに上がるかは不明です。上がるような気もしますが???

※マーブル×マーブルでなくても構いません

こちらはゴールデン系のミューテーションになります。ゴールデン個体に黒い斑点がついた個体で、人気のあるミューテーションの1つになります。

ウーパールーパーとマリモ(オブジェとして)

オブジェでマリモも販売しておりましたが、17年07月28日現在 売切れとなっております。入荷は未定です。ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。

19年02月19日現在、入荷いたしまして販売中です。Sサイズのマリモが1個195円です!ウーパールーパーと一緒にお求めいただくと同梱可能ですので、送料が別にかかることはありません。https://www.dog7.net/

以前によく量販店で「ウーパールーパー マリモ」なるものを見かけました。ウーパールーパーとマリモが一緒になったセット販売です。ウーパールーパーの飼育は基本的にベアタンクをお勧めしていますが、それですと殺風景で、特に女性の方からはオブジェに関してお問合せをいただきます。お勧めしているのがプラスチック製で、先が柔らかい、鋭利でない水草や、隠れ家になる陶器製の土管などです。このマリモも見た目がかわいらしいのでお勧めしています。柔らかく、ウーパールーパーを傷つけることもなく、取り出しやすいので飼育容器内の清掃も簡単です。

マリモとは・・・。

阿寒湖のマリモは1952年(昭和27)に特別天然記念物に指定された。緑藻植物、シオグサ科の淡水藻です。。成長した糸枝体がお互いに絡み合って球形を形成します。

マリモは、球団が解体すると、壊れた団塊や小さな団塊は湖底に沈んだり、光合成によって生じた気泡をつけて水面に浮くほか、水中を浮遊したり、波によって湖底や波打ち際を転がったりする。このような上下することや転がることなどを通じて、ふたたびマリモは球団になると考えられている。とのことです。

ウーパールーパーの成長日誌を書いていきます170728

水温が高くなってきたので、ウーパールーパーの成長が早くなりました。3~5cmも残り数百匹のみとなりました。

卵は産卵期を終えたため今はありませんが、11月頃からまた産卵を開始し、小さい個体をご用意できるようになります。

取り扱っている個体の種類は、リューシー、アルビノ、ゴールデン、マーブルとブラックの5種類になります。初めて飼育なさる方はリューシー5~8cmがお勧めです。サイズ的に丈夫で、健康でもあり、小さいので何より育て買いがあります。https://www.dog7.net/

3~5cm、5~8cmのエサは冷凍赤虫を強くお勧めしています。固形エサも食べますが、場合により消化不良を起こすことがあります。飼育環境は水、飼育容器と餌だけです。これ以外の用具、例えばろ過機やエアーレーションは特に不要です。この2つがウーパールーパーの体調を崩す大きな原因となっています。水流や振動などによるウーパールーパーがストレスを感じ、体調を崩すのではないかと思っています。また、カルキ抜きも不要です。各水道局、時期により水道の塩素濃度は違ってきます、それを正しく測定して、カルキ抜きを合わせて使用するには無理があります。このカルキ抜きで調子を崩した報告も毎年数件こちらに問合せがあります。

成長日誌はブログ形式で、1記事につき約800文字以上を目指して書いていきます。日々思うことやウーパールーパーの飼育、繁殖、環境や餌など気が付いたことについてどんどん書いていくつもりです。ウーパールーパーのことだけですと記事はたぶんかぶってしまうと思いますが、追記といった気持で再掲載することもあります。3日坊主ではありますが、なるべく継続的に書いていきたいと思います。

よろしくお願いいたします。