ウーパールーパーの成長している幼生たち

ウーパールーパーの幼生が多くなってきました。産卵シーズンを本格的に迎え、卵から次々に小さな幼生がふ化していきます

ウーパールーパーの幼生が多くなってきました。産卵シーズンを本格的に迎え、卵から次々に小さな幼生がふ化していきます。ふ化した小さい幼生は、冷凍赤虫を食べることができませんので、熱帯魚のベビーによく食べさせる、ブラインシュリンプを使用します。この餌以外にはお勧めの餌は今現在ありません。このブラインシュリンプをウーパールーパーの幼生が冷凍赤虫を食べえることができるサイズまで与えます。ブラインシュリンプは、24時間かけて餌として使用できるので、手間がかかります。また、kg20000円ぐらいはする高額な餌です。

画像は黒目の黒目のリューシーです。リューシーには目が2種類存在します。2種類存在するのはウーパールーパー5色の内、リューシー1色だけです。黒目の黒目はブラックが同じ目をしています。黒目の金環も存在しますが、こちらはマーブルと同じ目をしています。マーブルとブラックの両方の目があるのがリューシーになります。黒目の黒目の方が目が0.2~1.0mm程度大きく見えるので、黒目の黒目の方が人気が高いでです。少し離れて水槽を観察すると目がどちらかなのかわからないぐらいの誤差です。黒目の黒目は人の目で例えますと白目の部分も黒色です。黒目の金環は、人の目で例えますと黒目の部分は黒目なのですが、白目の部分が金色になっています。それで金環と呼ばれています。ウーパールーパーの飼育に慣れている方でないと判断は難しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です