ミューテーションの繁殖用メス個体

https://www.dog7.net/

こちらがウーパールーパーミューテーションのメスになります。先日ブログに掲載したオスと同じぐらいのサイズです。こちらミューテーション×ミューテーションで掛け合わせたらどのようになるのか、楽しみもあります・・・。

ミューテーション×ミューテーションで、変わったウーパールーパーが生まれてくる確率は私の経験上ゼロです。1度たりともミューテーションからミューテーションが生まれてきたことはありません。たぶん私以外も同じ結果ではないかいと思います。私も多くの方と同じようにミューテーション×ミューテーションの掛け合わせでミューテーションが少しは出てくると期待していました。1回目ダメで、2回目ダメでとどんどん繰り返しているうちに期待感は薄れ、あきらめモードに変わりました。しかし、ミューテーション×ミューテーションから生まれた個体同士で掛け合わせると少しミューテーションが出てきます。隔世遺伝というようです。しかし、大量に生まれてくる幼生を成体にして、それをすべて掛け合わせて出てくる個体はさらに大量です。試す価値があるのか正直疑問のレベルです。私を含め全国的にもミューテーションの固定化を諦めたブリーダーがほとんどです。何年も続けている大型ブリーダーさんに最近会いましたが、固定化には至っていないと言っていました。ミューテーションの有名な方で、繁殖用のミューテーションだけでも100匹はいたと思います。選別された個体ばかりで、どの個体も立派で、きれいな柄をしていました。しかし、だいぶミューテーション出現確率は上がったそうです。

ショートは累代を重ねれば何となく固定化できそうな気がします。ミューテーション×ミューテーションの掛け合わせを諦めて、ショート×ショートの掛け合わせに移行したブリーダーさんもいます。まだ初めて2年ぐらいなので詳細は不明ですが、今後の報告を楽しみに待っています。当方はスペースの関係で、そのような固定化は目指していません。数匹に神経や時間を費やすよりも、多くの個体に時間を費やしたいです。

https://www.dog7.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です