ウーパールーパー上陸個体「水深」編

ウーパールーパー上陸個体「水深」編

ウーパールーパー上陸個体について記載が途中になっていました。もしも、興味を持って読んでくださっている方がいましたら、申し訳ございません。長いこと書いていませんで、そのままになっていることに先ほど気が付きました。https://www.dog7.net/

ウーパールーパーの上陸は水深が関係あると思っている飼育者さんが多いですが、水深は最終的な手段(上陸のきっかけづくり程度)だと思います。水深を低くしてウーパールーパーが上陸するのでしたら、全国で多数上陸しています。お問合せメールで上陸についての質問がこちらに複数ありますが、たいていは「ウーパールーパーの飼育で、水深を長い間低く設定しているが、上陸しない、何cmまで水深を下げればよいのか?上陸するのか?」といったものです。水深が低いことだけで上陸するウーパールーパーは、存在しないと思います。これだけで上陸する可能性はゼロです。もしも、これで上陸するのでしたら、研究所が10年近くもかけて、研究はしていません。また、7年以上もかけてようやく論文を書くに至ることもないです。

水深は低くても高くても上陸します。こちらでは水深約100cmで上陸個体が複数出ました。すべてのウーパールーパーをこちらではおおよそ45cmで飼育しているため、水深45cmの飼育容器から上陸個体が出る場合が多いです。ミューテーションだけ個別に飼育していた時期があり、その場合は水深が15cmでした。その個体(ミューテーション)が1匹だけ上陸したことはあります。こちらで上陸している個体はこの1匹を除いて水深は40~100cmです。水深は上陸させるための最終的なきっかけ程度で、この水深だけでは上陸する確率はゼロだと断言できます。

研究所内ではホルモン剤を使用して上陸させているそうです。こちらではホルモン剤は薬事法の関係で手に入れることは、かなり困難ですので、確認はしたことはありません。

上陸させる方法(一般的、研究所以外)

上陸個体は、一般的に店頭で15000円前後します。こちらでは5000円から販売しています。上陸させるためには、まず、ウーパールーパーの血統が一番大事だと考えられます。上陸個体を出した、出た飼育者さんからその兄弟を販売してもらうことが良いと思います。その個体(複数)を12cmまで普通に育てて、その後、16cmになるまで水深を10~15cmぐらい低くして飼育してみることをお勧めします。16cmまでで上陸しなければ上陸はしないと思います。(こちらでは見たことがありません)普通の個体を使用して、上陸するには5000匹に1匹も上陸しないと思います。上陸した兄弟でしたら、当方の経験上、10~300匹に1匹上陸します。上陸した個体の兄弟を50匹ぐらい購入して、ほとんど上陸させた強者ブリーダーさんもいます。上陸させてペットショップに卸売りしていました。

※機会がありましたら、次回は飼育編を掲載します

ウーパールーパー2~5cm以下のエサ

画像(中央)はウーパールーパーマーブル、サイズは4.5cmぐらいになるます。この頃の餌は先日も書きましたが冷凍赤虫をお勧めします。このサイズで固形餌を与えている飼育者さんもいますが、エサにより固形餌では消化がまだできないのか消化不良を起こす場合があります。画面上は1.5cmのウーパールーパーマーブルになります。冷凍赤虫と比べると捕食できないサイズだと感じます。ウーパールーパーは2cmぐらいまでは、ブラインシュリンプを与えてください。2~3cm前後はブラインシュリンプ+冷凍赤虫(刻んだ)、3~5cmは冷凍赤虫のみをお勧めしています。https://www.dog7.net/

冷凍赤虫を刻む方法

冷凍赤虫を2~3cm前後に与えるときには、カッターやハサミで刻んで与えます。解凍してからでは刻めませんので、冷凍庫から出した後、すぐにカッターやハサミで刻みます。刻むよりも削る感覚で氷を削る方法が早いです。このように小さくしないと食べれません。長いまま与えますと長すぎて食べきれずに口に詰まります。サイズ3cmを越えれば、普通の冷凍赤虫はそのまま与えても大丈夫です。

2~3cm前後でブラインシュリンプのみ

サイズ3cmを越えるまでブラインシュリンプの飼育者さんもいますが、毎日ブラインシュリンプでは、手間がかかり、経済的にもよくありません。何よりウーパールーパーの成長が遅いです。餌の量が足りないのか、捕食量が少ないのか、エサがブラインシュリンプのみでは3cmを超えるまでに日数が5~7日程多くかかりました。(水温による)

リューシーが5cm前後と大きくなりました

ウーパールーパーリューシーが5cmをそろそろ越えそうです。3cmからの成長は早いです。この頃になるとエサは冷凍赤虫になります。冷凍赤虫は85%以上が水分の為、飼育者さんが思っているよりも多く食べます。栄養があまりないように私は感じますが、この冷凍赤虫を食べると、どのサイズも成長が早くなります。水温にもよりますが、ウーパールーパーは3cmからの成長がとても早く1日で1~2mmほど大きくなります。5日で3cm→4cm近くになり、さらに5日で5cmぐらいになります。私が今までに見たブログ?記録?サイト?の中で一番成長が早かったのがふ化かから1ヶ月で7cm、2ヶ月で13cmとありました。こちらでのはふ化から1ヶ月で5.5cmが一番最大です。ウーパールーパーは12cmと15cmのサイズに壁があるような気がします。12cm、15cmで成長に個体差が多く出てくるように感じます。オスとメスの違いなのかもしれませんが???毎年気になっている事柄の1つです。https://www.dog7.net/

冷凍赤虫の種類

いろいろな冷凍赤虫が販売されています。ほとんどが中国産で冷凍赤虫に薬品や重金属が入っていないか心配なさっている飼育者さんもいますが、たぶん大丈夫だと思います。こちらでは、ほぼすべての種類の冷凍赤虫を大量に使用してきましたが、ウーパールーパーでは何も問題が起きていません。(イモリでは背が複数曲がってしまった時もありました)

冷凍赤虫は、価格帯がありますが安価なものでよいと思います。太いものと細いものがありますので、細いものを選択します。安価の冷凍赤虫では時々、太いものが多く含まれている場合がありますので、ご注意ください。同じパッケージでも結構大きさに幅があります。固形餌は冷凍赤虫と併用して徐々に慣らせて8cmぐらいから固定させれば経済的だと思います。

1月2日ウーパールーパー宅配便で発送

1月2日 現在

荷物の遅れは出ていません、天候も良いのか順調に届いています。交通渋滞も出ていないようです。

ウーパールーパーの発送を年中行っています。ご注文があれば、ご購入者の希望に合わせて発送しています。こちらには決まった休日はありません。日曜日はもちろん、ゴールデンウィーク、お盆休みや正月休みも発送しています。

発送ができないのは基本的に宅配会社からお断りの連絡が事前にあった場合です。例えば台風、大雪、大規模停電、地震です。台風、大雪では航空便が止まるだけでなく荷物が空港近くの営業所からつまりだし、各営業所に伝染します。空港近くの営業所が空かないとその営業所に向けても荷物が、動かない状態になります。1度遅れが出ましたら2~7日間は荷物に遅れが生じます。今までに1番遅れが出たのが6日後に到着した沖縄行きの荷物(クール便)です。幸いエサでしたので、大事には至りませんでした。ここ静岡県は、東京方面や逆の名古屋方面に高速道路が2本走っているため、荷物の遅れは少ない地域です。https://www.dog7.net/

ヤマト運輸 と ゆうパック

ヤマト運輸もしくは、ゆうパックで郵送しています。早く到着する方を優先しています。ヤマト運輸の方が早く届く地域、ゆうパックの方が早く届く地域がそれぞれあります。本州はヤマト運輸の方が比較的早く届きます。特に午前中や午後一番の到着希望時間帯のご指定があった場合はヤマト運輸です。九州の北部はヤマト運輸ですが、それ以外の九州地方はゆうパックの方が圧倒的に早いです。離島もゆうパックの方が早く到着します。北海道は同じくらいです。郵送している荷物が生き物の為、発送には特に気を使っています。基本的に午後に梱包し、夕方に営業所に持ち込みしています。ヤマト運輸、郵便局の職員さんも気を使って下さるのでありがたいです。

新年あけましておめでとうございます(2018)

新年あけましておねでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。https://www.dog7.net/

今年の目標は?

「モチベーションアップ」 なんだか毎日同じ作業の繰り返しが多いためか、つまらないミスをしてしまうことがあります。ダラダラした自分から卒業して、毎朝決まった時間に起床、睡眠をとり、心身ともにモチベーションを高めたいです。

「食生活を整える」 乱れた食生活、特に塩分を取りすぎなので控えたいです。特にラーメン。 https://www.dog7.net/

「ダイエットをする」 毎年、するする詐欺になりがちなダイエット。毎年同じ目標を立てていますが、体重は全然減りません。お酒を控え、夜食を少なくして体重を今よりも8kg減らしたいです。

「運動をする」 健康診断で20歳台の骨密度の平均と比べて140~150%あります。医師や看護婦さんから「運動をしているのか」聞かれますが、何もしていません。手首、足首の太さは小学校並みの細さなのに、お腹周りはメタボの通知に達しています。運動を毎日でなくても続けたいです。

「貯金をする」 貯金のせいで強いストレスを感じることはあると思います。計画性も必要ですが、柔軟性を持って貯金できるようにしたいです。 食事は3食きちんと食べ、適度な運動をしつつ、今年の目標が達成できよう、充実した毎日を送りたいと思います。

ウーパールーパーの年中繁殖が目標です。夏場などは繁殖しずらいですが、まったくしないわけではありません。現に北海道や東北地方のブリーダーさんは繁殖に成功している方もいます。さらに驚くことに夏場だけでなく、秋にも繁殖に成功しています。環境を整えれば1年中繁殖が可能だと思います。主には水温が関係しています。こちらでは初夏~秋にかけて、特にオスの生殖器が小さくなります。腹部のまだ大きなメスがいたとしてもオスの生殖器が小さくて、たぶん、精包が生産されていないのだと思います。複数のオスを冬から春のかけてメスから隔離し、12度の低温でずっと飼育してみました。初夏になってもオスの生殖器はあまり小さくならなかったです。水温がもう少し低ければ生殖器の大きさは同じだったかもしれません。夏場を低温の12度前後に保つには設備が大変でした。特に水換えを頻繁にできないので、エサが少ないくなりがちでした。それも生殖器が少し小さくなった原因なのかもしれません。今度機会があったらメスも試してみたいですが、メスのほうが大変だと思います。餌の確保、設備の増強が必要です。

ウーパールーパーの年中繁殖、ミューテーションの固定化、上陸個体の原因究明は多くのブリーダーの目標でもあると思います。